メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

始動

2020を目指して/6止 陸上男子短距離 サニブラウン・ハキーム(17)

サニブラウン・ハキーム=丸山博撮影

故障も糧に、挑戦の年

 世界ユース選手権短距離2冠などで陸上界を驚かせた2015年の活躍から一転、16年は故障に苦しんだ。しかし、新年を迎えたサニブラウン・ハキーム(17)=東京・城西高=の表情は明るい。「16年は頭を使った1年で走りの一つ一つを考えられるようになった。学んだことが今年どう生きるか楽しみです」と目を輝かせる。

 春に高校を卒業する今年は新たな挑戦の年となる。日本陸上競技連盟と日本スポーツ振興センターがそれぞれ…

この記事は有料記事です。

残り728文字(全文940文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  2. 元プロボクサーを傷害容疑で逮捕 リモコンで殴られた男性死亡 大阪府警
  3. 悪質動画 後絶たず 男子高生、集団で殴る蹴る 投稿し拡散 新潟
  4. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  5. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです