メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京2020への伝言

/7 女性映画監督、カンヌで最高賞 東洋の魔女、もう一つの「金」 私財投じ晩年も自主製作

映画監督になった頃の渋谷さん=渋谷昶子監督を偲(しの)ぶ会提供

 飛んでくるボールに女性たちが体を投げ出し、転がったあと懸命に立ち上がる。半世紀前に「東洋の魔女」と呼ばれた世界最強の女子バレーボールチーム日紡貝塚(大阪府貝塚市)。その傍らでカメラを回す女性がいた。

 主力選手たちは1964年東京五輪代表として世界を制した。彼女たちを追った記録映画「挑戦」で渋谷昶子(のぶこ)監督は同年、仏カンヌ国際映画祭短編部門で日本初のグランプリに輝いた。「東洋の魔女」に寄り添い、別の「金メダル」をとった女性を知る人は多くない。

 五輪メンバーの井戸川(旧姓・谷田)絹子さん(77)に昨年末、久しぶりに「挑戦」を見てもらった。当時…

この記事は有料記事です。

残り1103文字(全文1379文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  4. 「白血病に勝つ…」池江選手の応援凧 滋賀の阿賀神社
  5. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです