メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京2020への伝言

/9 米統治下、リレーの起点 沖縄「聖火に熱狂」夢破れ 憧れた「本土並み」

聖火ランナーとして金武町内を走る安富祖朝正さん=本人提供

 走った道が舗装されていたか、砂利道だったかは覚えていない。でも、無数に揺れる日の丸の小旗が涙でにじんだ記憶は消えない。

 東京五輪の聖火は1964年9月7日、ギリシャから沖縄の那覇空港に到着した。22歳だった金武町(きんちょう)の安富祖朝正(あふそちょうせい)さん(74)は翌日、57人目として聖火を手に1・3キロを走った。「誇らしかった。すごく感動した」と回想する。

 日本人の聖火リレーは沖縄から始まった。だが、当時まだ米国統治下で「聖火が日本に到着」とは言えない。…

この記事は有料記事です。

残り1090文字(全文1324文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  5. 大阪震度6弱 携帯電話通じにくく コンビニで通信障害も

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]