メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SPORTS×LIFE

リオに学ぶボランティア 参加者が語る

外国メディアが卓球男子の水谷隼(左)を取材する際の通訳を務める西川千春さん(右奥)=西川さん提供

 2020年東京大会でも多くの人材が必要とされている五輪・パラリンピックのボランティアは、どのような状況の中で、どんな役割を担うのだろうか。今回の「SPORTS×LIFE」では、今月に東京で開催された日本スポーツボランティアネットワーク主催の公開講座で取り上げられた、リオデジャネイロの五輪ボランティアの経験談やパラリンピックの取材報告を基に、大会ボランティアの様子や20年東京大会に向けた課題や提案をまとめた。【石井朗生】

この記事は有料記事です。

残り2626文字(全文2838文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 野球漫画 「ドカベン」46年で完結 28日発売号で
  2. ドカベン 長寿野球マンガが完結へ 46年の歴史に幕 「チャンピオン」次号で最終章が最終回
  3. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  4. EU あす報復発動 米製品の関税引き上げ
  5. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]