メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SPORTS×LIFE

リオに学ぶボランティア 参加者が語る

外国メディアが卓球男子の水谷隼(左)を取材する際の通訳を務める西川千春さん(右奥)=西川さん提供

 2020年東京大会でも多くの人材が必要とされている五輪・パラリンピックのボランティアは、どのような状況の中で、どんな役割を担うのだろうか。今回の「SPORTS×LIFE」では、今月に東京で開催された日本スポーツボランティアネットワーク主催の公開講座で取り上げられた、リオデジャネイロの五輪ボランティアの経験談やパラリンピックの取材報告を基に、大会ボランティアの様子や20年東京大会に向けた課題や提案をまとめた。【石井朗生】

この記事は有料記事です。

残り2626文字(全文2838文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 羽生の後でも乱れず チェン、圧巻の世界最高得点で2連覇
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 大阪市長選告示 新人2人届け出 「大阪都構想」の是非問う
  5. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです