メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・東京2020

挑む・ささえる おもてなし うら・おもて/7 災害時の訪日客支援 /東京

避難所に関する質問を英語、韓国語、中国語に翻訳したスマートフォンアプリ「Safety tips」のコミュニケーションカード=東京都千代田区霞が関2の観光庁で

アプリだけでは不十分

 2011年の東日本大震災では、地震などの経験に乏しく言葉もわからない、日本にいる外国人への情報提供が大きな問題になった。東京五輪・パラリンピックに向け国は、外国人に正確な情報を提供する災害時スマートフォンアプリの運用を開始。だが、実際に災害が起きれば、外国人支援には事前のマニュアル作りや、外国語がわかる支援要員の配置計画なども欠かせない。今回の「おもてなし うら・おもて」は、外国人のための災害への備えについて。【岩嶋悟】

 「地震がいつまで続くのか」。6年前の東日本大震災直後、公益財団法人「横浜市国際交流協会」に設置され…

この記事は有料記事です。

残り1322文字(全文1595文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです