メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高める韓国

五輪開催国の強化策/3 「ヨナ効果」伸びる10代

昨年12月のジュニアグランプリファイナル男子で3位に入った車俊煥(左)=宮間俊樹撮影

 2010年バンクーバー五輪で金メダル、14年ソチ五輪も銀を獲得するなど女子の金妍児(キム・ヨナ)の活躍で沸いた韓国のフィギュアスケート界。だがソチは金ら女子3選手しか出場できなかった。大韓スケート連盟の安昭令副会長は「まずは今年の世界選手権で(好成績を残し)4種目とも平昌五輪の出場権を獲得すること」と話す。目標順位も「男子は15位、女子は18位くらい。ペアは16位、アイスダンスは15位」と控えめだ。

 金が世界のトップへと駆け上がる前後で状況は変わった。安副会長によれば、韓国のフィギュア人口は10年…

この記事は有料記事です。

残り797文字(全文1049文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  2. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  3. 政府、ファーウェイの排除へ 米国に歩調
  4. ファーウェイCFOを拘束 米国要請受けカナダ当局
  5. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです