メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

出場に意欲 太陽の家で働く2選手、別府市長表敬 /大分

(左から)一丸選手、別府市長、宿野部選手

 別府市の社会福祉法人「太陽の家」で働きながら、2020年東京五輪と同パラリンピックを目指す2選手が、長野恭紘市長を表敬訪問した。2人は、自転車・中距離トラックの一丸尚伍選手(25)と、障害者卓球の宿野部(しゅくのべ)拓海選手(25)。日本オリンピック委員会が進めるトップアスリート就職支援事業により、15年に太陽の家の事務職員に採用された。

 北九州市出身の一丸選手は7歳から自転車を始め、自転車競技の強豪校・日出暘谷(現日出総合)高に進学。…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. はやぶさ2衝突実験解説(下)「軽業」カメラが世紀の瞬間を捉える
  4. はやぶさ2衝突実験解説(上)アクロバティックな運用 カギを握る二つの新機器
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです