メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

出場に意欲 太陽の家で働く2選手、別府市長表敬 /大分

(左から)一丸選手、別府市長、宿野部選手

 別府市の社会福祉法人「太陽の家」で働きながら、2020年東京五輪と同パラリンピックを目指す2選手が、長野恭紘市長を表敬訪問した。2人は、自転車・中距離トラックの一丸尚伍選手(25)と、障害者卓球の宿野部(しゅくのべ)拓海選手(25)。日本オリンピック委員会が進めるトップアスリート就職支援事業により、15年に太陽の家の事務職員に採用された。

 北九州市出身の一丸選手は7歳から自転車を始め、自転車競技の強豪校・日出暘谷(現日出総合)高に進学。…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文461文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉のホテル チャーシュー無許可製造 金属片混入で発覚
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし
  4. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  5. 東京都 築地市場、豊洲開場日に解体着手

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]