メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪への道

若きアスリートたち 走り高跳び・石黒樹子選手/上 /奈良

バーを軽々と跳び越える石黒樹子選手=奈良県三郷町で、日向梓撮影

目標高く素直で謙虚 石黒樹子選手(添上高)

 自分の背丈ほどもある高さのバーを背面跳びで越える瞬間、その表情は笑っているようにも見える。石黒樹子選手(15)=添上高1年=は「『いけた』と思う時、跳ぶというより体が浮く。その感覚が気持ちいい」と魅力を語る。

 石黒選手が本格的に陸上競技を始めたのは小学5年の時。県の小学生記録会で、走り幅跳びで上位に入賞したことがきっかけとなり、友人がいた陸上クラブに入部。当初は走り幅跳びなどに取り組んでいたが、翌年からは、「楽しそうだった」という走り高跳び一本に絞り、県内の競技会でいきなり2位の好成績を収めた。

 「1日も理由なく休まず練習に来たのは、彼女くらい。素直で謙虚だけれど、高い目標を持っていて周囲への…

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文713文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 大相撲秋場所 さらばロシアの巨漢 大露羅、引退を表明
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです