メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪への道

若きアスリートたち 走り高跳び・石黒樹子選手/下 /奈良

チームメートと話す石黒樹子選手(右)=奈良県三郷町の町立三郷中学校で、日向梓撮影

大舞台でも緊張せず 石黒樹子選手(添上高)

 昨年の全日本中学校陸上選手権大会女子走り高跳びで7位、ジュニアオリンピックでも6位にそれぞれ入賞した添上高1年の石黒樹子選手(15)。全国大会での入賞は、けがに苦しみながらの活躍だった。

 昨年7月、学校の階段で滑り足をねんざ。同月の県総体や、近畿総体の欠場を余儀なくされた。復帰戦は8月、全日本中学校陸上競技選手権大会。足をテーピングで固めての出場だった。ベストの状態ではなかったが、決勝で1メートル63を跳び7位に。10月のジュニアオリンピックは、「直前の練習は助走も踏み切りもばらばらだった」と振り返るほどだったが、1メートル61…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文723文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
  2. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)
  3. さいたま 片山さつき氏の著書看板、条例違反 白塗り処置
  4. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです