メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪への道

若きアスリートたち ピストル射撃・中西公光選手/上 /奈良

22口径のピストルを構えて25メートル先の的を狙う中西公光選手=奈良市で、郡悠介撮影

体幹鍛え実力付ける 中西公光選手(県警)

 先月の全国冬季ピストル射撃競技大会の種目「ラピッドファイアピストル」に出場し、金メダルに輝いた県警の中西公光選手(35)。5月から、ドイツやアゼルバイジャンで行われるワールドカップ(W杯)への派遣も決まり、「国際大会でも物おじせず、頂点を目指して頑張りたい」と意気込んでいる。

 警察官になった2004年秋、警察学校の授業で初めてピストルを手にした時、身に染みた責任感と恐怖心は…

この記事は有料記事です。

残り461文字(全文670文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです