メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪への序章

サッカーU20 W杯/中 磐田から世界へ飛躍 磐田・小川航基

磐田との練習試合でプレーするU20日本代表の小川航

 「磐田のエース、世界のエースへ」。4月26日、本拠地のヤマハスタジアムで行われたルヴァン・カップのFC東京戦後、磐田サポーターがゴール裏に横断幕を掲げた。目にしたFW小川航基(こうき)=磐田=は「心にグッと来るものがあった」と感激の面持ち。この日、プロ初ゴールを含むハットトリックを一気に達成した。

 同時に「お待たせしてしまった。申し訳ない」と、U20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)韓国大会に臨むU20日本代表のエースは何度も頭を下げた。神奈川・桐光学園高から「高校ナンバーワン」の触れ込みで入団したストライカーは1年目の昨季、カップ戦に2試合途中出場しただけで終わったからだ。

 対照的に年代別代表では不動の柱だった。昨年のU19(19歳以下)アジア選手権では3得点で優勝に貢献…

この記事は有料記事です。

残り882文字(全文1225文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測
  4. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  5. センバツ「21世紀枠」候補9校を発表 釧路湖陵、八尾など

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです