メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪への序章

サッカーU20 W杯/下 若手の経験値高める U20日本代表監督・内山篤

J2千葉との練習試合で指揮を執るU20日本代表の内山監督

 日本は昨年のU19(19歳以下)アジア選手権で優勝し、2007年大会以来となるU20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)の出場権を手にした。過去4大会で苦杯をなめたアジアの舞台を勝ち抜けた背景には、全6試合で無失点の守備力がある。

 15年からこの年代の日本代表を指揮する内山篤監督(57)は、体格と身体能力に勝る選手を選び、育ててきた。188センチの冨安健洋(福岡)を筆頭に、186センチの板倉滉(川崎)、181センチの中山雄太(柏)ら最終ラインには長身の選手が並ぶ。本大会でメンバー入りしたGK波多野豪(FC東京)は197センチ。内山監督は「過去の育成が間違っていたとは思わない」と前置きしつつ「世界で戦うには身長がないと厳しい。そういう選手を育てる環境をもう少し早く作ればよかった」と振り返る。

 一方で、15歳のFW久保建英(FC東京U18)を「飛び級」で招集したのは「判断能力が飛び抜けている…

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文1082文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  3. 「戦争の世紀」研究 現代史と国際政治の視点から/25 ノモンハン事件 転機はらんだ限定戦
  4. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  5. 障害者雇用 「なめられた」 国の不正に怒りやあきれ声

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです