メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飛躍の源流

冬季競技 育成の今/2 フィギュア スターの存在、刺激に

子どもたちとリンクに立つ倉敷フィギュアスケーティングクラブの佐々木美行監督(中央)

 岡山県倉敷市のリンク「ヘルスピア倉敷」で活動する倉敷フィギュアスケーティングクラブ(FSC)。小学校教諭でもある佐々木美行(みゆき)監督(60)の下、約70人が競技に取り組んでいる。設立は1993年。後に2010年バンクーバー五輪男子で銅メダルを獲得した高橋大輔さん、アイスダンスで4大陸選手権5度出場の平井絵己(えみ)さんら生徒5人でのスタートだった。

 フィギュアの競技者数は右肩上がりだ。日本スケート連盟によると、05年に2990人だった登録者は、同…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  2. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  3. ORICON NEWS がん手術の堀ちえみ、無事退院を報告し感謝 今後は経過観察で定期的に通院
  4. 特集ワイド チケット「転売ヤー」 業界困惑 ネット普及で買い占め容易に
  5. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです