メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飛躍の源流

冬季競技 育成の今/3 ノルディック複合 北の大地、育つ金の卵

全日本コンバインド大会の後半距離で渡部暁(左)に抜かれながら食らいつく竹花

 北海道名寄市で昨年12月24~25日にあったノルディックスキー複合の国内大会2連戦で、一人の中学生が注目を集めた。札幌市立陵北中3年だった15歳の竹花大松(だいまつ)=現東海大札幌高=が24日の試合で社会人や大学・高校生を抑え、前半飛躍で首位に立った。日本のエース渡部暁斗(28)=北野建設=らワールドカップ(W杯)転戦組が参戦した25日も、飛躍は渡部暁を上回る4位。2戦とも後半距離で順位を下げたが、本州勢が強い複合で北海道出身の若手の台頭は久しぶり。将来性を見込まれ、今季から新たに全日本スキー連盟の強化指定選手に加わった。

 小学4年でジャンプを始めた竹花は、中学1年から距離の練習も重点的に始め、今はジャンプと複合の「二刀…

この記事は有料記事です。

残り1121文字(全文1436文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉並のアパートで女性刺傷 搬送後に死亡、男が逃走か
  2. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  3. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  4. ORICON NEWS がん手術の堀ちえみ、無事退院を報告し感謝 今後は経過観察で定期的に通院
  5. 特集ワイド チケット「転売ヤー」 業界困惑 ネット普及で買い占め容易に

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです