メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SPORTS×LIFE

スポーツと花 戦いの舞台、華やかに 暑い東京へ、対策手探り

1998年長野冬季五輪ノルディックスキー・ジャンプ団体で優勝し、競技直後に白馬村の会場で開かれたフラワーセレモニーでブーケを贈られた(左から)船木和喜、原田雅彦、岡部孝信、斎藤浩哉=1998年2月17日、平野幸久撮影

 表彰式でメダリストへ贈られるブーケや会場の装飾など、スポーツの舞台を花が彩ることは多い。見る人は花の色や見栄えに目が行きがちだが、生産者やブーケを用意する人々には、さまざまな試みや苦労がある。今回の「SPORTS×LIFE」では、そんな華やかさの背景を紹介する。

 スポーツを彩る花の代表例が、五輪などの大会でメダリストに贈られる「ビクトリーブーケ」だろう。2020年東京五輪・パラリンピックではブーケを贈るかどうか、まだ決まっていない。だが花の業界団体などでは必要とされた場合を想定し、既に準備を進めている。

 20年東京大会では五輪、パラリンピック合わせて5300個近いブーケが必要と見込まれる。花の通信配達…

この記事は有料記事です。

残り3042文字(全文3347文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  4. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  5. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです