メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Moment’17夏

東京五輪まで3年/4 多様性 LGBT交流の場を 公認「ハウス」設置へ脱サラ

 2020年東京五輪・パラリンピックで性的少数者(LGBTなど)の交流や情報発信をする「プライドハウス」を大会公認の施設として設置するために、脱サラした男性がいる。LGBTを支援する認定NPOの松中権(ごん)代表(41)。16年間勤務した広告大手の電通を今春退社し、「LGBTのことをもっと多くの人に知ってもらいたい」と五輪に向けた活動一本に絞って実現を目指している。

 昨夏、仕事で訪れたリオデジャネイロ五輪中に届いたニュースが松中さんを奮い立たせた。母校・一橋大の学…

この記事は有料記事です。

残り769文字(全文1003文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卑わいな言動容疑 「5年前から盗撮やのぞきを300回」
  2. 千葉の路上 男性、背中刺される 通り魔か 容疑者は逃走
  3. 消えない傷 性的虐待に遭って 第3章/4 「少し変な話」は大事なサイン
  4. 障害者施設 元職員の女性「虐待告発したら報復でうつ病」
  5. 仮想通貨 流出ネム580億円、資金洗浄完了か 専門家

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]