メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

稲葉ジャパンへの伝言

東京五輪へ向けて/中 細かい攻めを磨け 本塁打より機動力

今年3月のWBC米国戦、相手投手のツーシームに苦しめられた中田=久保玲撮影

 敗戦の弁が国際大会の難しさを物語っていた。今年3月の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)準決勝の米国戦。打線が相手先発のタナー・ロアーク(ナショナルズ)の鋭く変化するツーシームに手を焼き、4回2安打で無得点と抑えられ、小久保監督(当時)は「あれだけの選手たちが芯でとらえることができない。どこで訓練をするのか」と白旗を揚げた。中軸の中田(日本ハム)も「日本であそこまで動く球を投げる投手はいない」と驚くなど国際大会の特殊な舞台で、初対戦の相手投手を攻略するのは簡単ではない。

 2004年アテネ五輪、06年第1回WBCに出場した元中日の和田一浩氏(45)は言う。「日本の野球は…

この記事は有料記事です。

残り584文字(全文879文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  2. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  4. 質問なるほドリ 「高プロ」って何?=回答・早川健人
  5. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]