メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鍛錬の夏

平昌五輪まで半年/2 カーリング 肉体改革、妻支え

妻七重さん(右奥)の指導でトレーニングする山口

 カーリング選手のオフシーズンは、短い。男子で20年ぶりの五輪出場を決めたSC軽井沢クは4月までのワールドツアーで昨季を終えると、7月には北海道北見市での今季初戦に臨んだ。その間の約2カ月のトレーニングは個人に任されていたが、チームの2番手として投げるセカンドの山口剛史(32)は妻でピラティス講師の七重さん(33)と肉体改革に取り組んだ。

 ストーンを投げる、決まった位置でスイープ(ブラシで掃く)する--。約3時間の試合を1日2試合こなす…

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文821文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ・アジア大会 「代表の自覚なかった」 バスケ4選手、買春謝罪 裁定委設置、処分へ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです