メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鍛錬の夏

平昌五輪まで半年/2 カーリング 肉体改革、妻支え

妻七重さん(右奥)の指導でトレーニングする山口

 カーリング選手のオフシーズンは、短い。男子で20年ぶりの五輪出場を決めたSC軽井沢クは4月までのワールドツアーで昨季を終えると、7月には北海道北見市での今季初戦に臨んだ。その間の約2カ月のトレーニングは個人に任されていたが、チームの2番手として投げるセカンドの山口剛史(32)は妻でピラティス講師の七重さん(33)と肉体改革に取り組んだ。

 ストーンを投げる、決まった位置でスイープ(ブラシで掃く)する--。約3時間の試合を1日2試合こなす…

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文821文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
  2. 森友交渉記録 「安倍晋三小」14年認識 近畿財務局
  3. 講演会 元海軍兵 「国は若者を守らない」 反戦訴える
  4. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  5. 森友交渉記録 理財局が廃棄指示 佐川氏ら処分へ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]