メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

稲葉ジャパンへの伝言

東京五輪へ向けて/下 情報戦、待ったなし ライバルの弱点探れ

今年のWBC2次リーグのキューバ戦、八回裏に山田が2点本塁打=宮武祐希撮影

 緻密な野球はときに豪快な一発を生むこともある。3月14日の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次リーグ、キューバ戦の八回、ダッグアウトで山田(ヤクルト)から「スライダーでいいですね?」と尋ねられ、日本代表の志田宗大スコアラー(38)=ヤクルト=は応じた。「そうだ。3球のうち1球は絶対に来るから」。山田は初球のスライダーを振り抜く。打者の力量と分析力が生み出した一打が左翼席に飛び込む2ランとなり、接戦に終止符が打たれた。

 国際大会では対戦相手の分析が勝敗に直結するケースは少なくない。2013年第3回WBCの2次ラウンド…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. 乳がん さいたま出身の54歳北村さん、自らの体験出版 ありのままの大切さ思い 術前と術後の写真掲載 /埼玉
  4. 札幌で雪 冬に逆戻り 24日まで気温低く
  5. 女性用アダルトグッズ、百貨店で好評 展開仕掛ける女性広報の思い

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです