メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

稲葉ジャパンへの伝言

東京五輪へ向けて/下 情報戦、待ったなし ライバルの弱点探れ

今年のWBC2次リーグのキューバ戦、八回裏に山田が2点本塁打=宮武祐希撮影

 緻密な野球はときに豪快な一発を生むこともある。3月14日の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次リーグ、キューバ戦の八回、ダッグアウトで山田(ヤクルト)から「スライダーでいいですね?」と尋ねられ、日本代表の志田宗大スコアラー(38)=ヤクルト=は応じた。「そうだ。3球のうち1球は絶対に来るから」。山田は初球のスライダーを振り抜く。打者の力量と分析力が生み出した一打が左翼席に飛び込む2ランとなり、接戦に終止符が打たれた。

 国際大会では対戦相手の分析が勝敗に直結するケースは少なくない。2013年第3回WBCの2次ラウンド…

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文853文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ローマ・カトリック教会 前田大司教を枢機卿に任命
  2. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
  3. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  4. NHK杯体操 男子個人総合 内村が10連覇
  5. 旧優生保護法 強制不妊、妻に言えず 提訴の男性「人生返して」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]