メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鍛錬の夏

平昌五輪まで半年/4 ジャンプ 飛ばず、体力強化

足場が不安定な砂地に飛び降り、着地の「テレマーク姿勢」を練習する葛西(手前)や竹内(左上)ら=江連能弘撮影

 北海道名寄市で7月30日に行われたサマージャンプ大会。8度目の五輪出場を見据え、今夏の自身初戦に臨んだ葛西紀明(土屋ホーム)は「いつもの作戦でいった」と振り返った。本番前の試技は飛ばず、ぶっつけ本番の1回目、ヒルサイズまで50センチに迫る99・5メートルの最長不倒でトップに立った。2回目は伸びを欠いて竹内択(北野建設)に優勝をさらわれたが、45歳は健在ぶりを示す2位でこの夏を始動した。

 「飛ばない葛西」のスタイルは、個人銀、団体銅メダルに輝いた前回ソチ五輪の頃から。揺るぎない技術、形…

この記事は有料記事です。

残り573文字(全文818文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あしなが育英会 奨学金利用の母子家庭 6割が就労不安定
  2. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  3. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです