メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鍛錬の夏

平昌五輪まで半年/5止 ノルディック複合 湖上で感覚磨く

湖に浮かべたボードの上で着地の「テレマーク姿勢」を決める渡部暁斗(左)。右は永井秀昭=長野県大町市で2017年6月30日、江連能弘撮影

 長野県白馬村の白馬ジャンプ競技場で6月末、午前中にジャンプ練習をしたノルディックスキー複合の全日本チームは午後、隣の同県大町市の青木湖に向かった。サーフボードを湖に浮かべ、その上にバランスよく立った選手は、手にしたパドルをこぎながら約2時間かけて湖を一周した。時にはボード上から後方宙返りをして湖に飛び込むなど、バランス感覚を見せた。

 1992年アルベールビル、94年リレハンメル両五輪の団体金メダルの河野孝典ヘッドコーチは「練習強度…

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文810文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ローマ・カトリック教会 前田大司教を枢機卿に任命
  2. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
  3. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  4. NHK杯体操 男子個人総合 内村が10連覇
  5. 旧優生保護法 強制不妊、妻に言えず 提訴の男性「人生返して」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]