メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

光を求めて

平昌五輪で飛躍を/2 ノルディックスキー距離 所属越えて合同練習

新潟県妙高市を拠点に合同練習をする(左から)レンティング、宮沢、藤ノ木

 新潟県妙高市にはこの夏、ノルディックスキー距離で国内上位の男子選手3人が日々、ローラースキーを滑らせたり自転車で走ったりする姿があった。3人は所属先の垣根を越え、互いの成長のため合同練習を行っている。

 スキー競技で唯一、五輪でメダルのない距離陣は、2014年ソチ五輪の前後は有力選手が続々と本場の北欧に渡ったが、今は国内回帰の傾向が強い。背景に、社会人選手への指導体制が成熟していないことがある。

 短距離を得意とする宮沢大志(25)=JR東日本=はソチ五輪に出場後、フィンランド人コーチに師事し、…

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文905文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米「ソウルの女王」 アレサさん危篤 グラミー賞18回
  2. 日本文学研究者 キャンベルさん、同性愛公表し議員批判
  3. 戦争を知らないけれど /1(その1) 42歳、玉砕を漫画に 生還兵「あなたは戦ったのか」
  4. 山口2歳児不明 ドローンも使い捜索も手がかりなく
  5. 不明 帰省中の2歳児、曽祖父宅近くで 山口・周防大島

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです