メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

光を求めて

平昌五輪で飛躍を/3 バイアスロン 外国人トップ迎え変革

プルッカー強化委員長(右端)の下、練習に励むバイアスロンの選手たち=日本バイアスロン連盟提供

 物静かな選手が多いバイアスロンの練習場に、陽気で大きな声が響く。「ファンタスティック」「グーッ」--。声の主は、イタリア出身で日本バイアスロン連盟の強化委員長を務めるウバルド・プルッカー氏(71)だ。1998年長野五輪を最後に入賞がなく、長く低迷する日本のバイアスロン界は前回ソチ五輪後、強化のトップに初めて外国人を据え、変革に踏み切った。

 射撃とノルディックスキー距離を組み合わせたバイアスロンは銃を扱う特殊性があり、五輪を狙うトップ選手…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 投票済み証明書でコーヒー無料 新潟県議選の「投票割」に市選管が異議
  4. ORICON NEWS Janne Da Arc解散にyasuが心境 現在もリハビリ「焦らずやらせてください」
  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです