メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

光を求めて

平昌五輪で飛躍を/4 ショートトラック ソチ代表・伊藤亜由子 集大成かけ復帰志願

平昌五輪を目指して代表選考の大会に挑む伊藤(右)=宮間俊樹撮影

 今月3日まで長野県南牧村で行われたスピードスケート・ショートトラックの全日本距離別選手権。平昌五輪代表争いの第一歩となる大会で、2010年バンクーバー五輪、14年ソチ五輪女子代表の伊藤亜由子(トヨタ自動車)は500メートルこそ3位に入ったが、1000メートルは準々決勝で転倒するなど振るわなかった。それでも平昌を目指し「スケート人生の集大成。最後という気持ちで挑む」と意欲に満ちている。

 ソチ五輪後に一度は現役引退した。当時はメダルを目指して滑ることが義務的に感じられた。ソチでは個人種…

この記事は有料記事です。

残り686文字(全文930文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  3. システム障害 札幌地下鉄で運行停止 乗客一時閉じ込めも
  4. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  5. 東海道新幹線 「拳銃所持」通報 一時運転見合わせ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです