メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー出場枠決定 アジア枠は男子4、女子3

 国際サッカー連盟(FIFA)は14日、2020年東京五輪の大陸別出場枠を発表し、アジアの枠は16チームで争う男子が4(開催国の日本を含む)、12チームで競う女子が3(同)となった。16年リオデジャネイロ五輪のアジア枠は男子が3、女子が2だった。

     東京五輪の男子は欧州が4、アフリカが3、北中米カリブ海と南米が2、オセアニアが1。女子は欧州が3、北中米カリブ海が2、アフリカと南米は1.5ずつで、オセアニアが1となった。

     12月1日にモスクワで行われるワールドカップ(W杯)ロシア大会の組み合わせ抽選で、10月のFIFAランキングをポット分けに適用することも発表した。出場チームの上位7チームと開催国ロシアがシードの第1ポットに入る。

     W杯は既に6大会連続の出場を決めた日本のほか、サウジアラビア、イラン、韓国、ベルギー、メキシコ、ブラジルが予選突破を決めている。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 香取慎吾 スマステ最終回で感激 「信じられない! 夢かなっちゃった」
    2. 崎陽軒 2種の限定弁当販売 きょう、あす /神奈川
    3. 恐喝未遂 男3人を逮捕 仁科亜季子さんを脅す
    4. 高速バス 東北道で運転手が意識失い急死 乗客が止める 
    5. スペースワールド 実物大スペースシャトル、10億円 北九州のテーマパーク、資金提供者へ引き渡し

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]