メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

異例の午前開始 平昌五輪の競技日程発表

 来年2月9日に韓国で開幕する平昌冬季五輪の競技日程が14日、正式に発表され、羽生結弦(ANA)が2連覇を目指す注目のフィギュアスケート男子はショートプログラム(SP)が2月16日午前10時~午後2時半、フリーが17日午前10時~午後2時25分と異例の午前開始になった。韓国と日本に時差はない。

     2008年北京五輪では競泳の決勝がテレビ中継に配慮して、米国の夜に当たる現地午前に実施された例がある。

     フィギュアは団体、女子を含めて全種目が午前開始となり、韓国が強いショートトラックは全て夜の実施に決まった。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 香取慎吾 スマステ最終回で感激 「信じられない! 夢かなっちゃった」
    2. 崎陽軒 2種の限定弁当販売 きょう、あす /神奈川
    3. 恐喝未遂 男3人を逮捕 仁科亜季子さんを脅す
    4. 高速バス 東北道で運転手が意識失い急死 乗客が止める 
    5. スペースワールド 実物大スペースシャトル、10億円 北九州のテーマパーク、資金提供者へ引き渡し

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]