メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊五輪

「五輪を語ろう」 北朝鮮危機、平昌に影 チケット需要伸びず=アラウンド・ザ・リングス編集長 エド・フーラ

 <AROUND THE RINGS>

 来年2月に開幕する韓国・平昌五輪の観戦は誰も望んでいないかもしれない。そういう厳しい兆しが出ている。平昌五輪の選手村はミサイル発射や核実験を強行する北朝鮮からわずか80キロほどの距離にある。世界中から訪れるであろう冬季競技のファンにとって、快適に楽しむには近過ぎる距離だろう。

 チケットの需要も世界中で芳しくない。米国のチケット販売の代理店もあまり関心がなく、これまでの冬季五…

この記事は有料記事です。

残り966文字(全文1174文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日」中傷 横行を考える 是枝監督「今日性浮き彫り」
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら
  4. 東京五輪 夏のTOKYO 暑すぎて選手も観客もヤバイ!
  5. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]