メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Moment’17秋

東京五輪まで1000日/2 脱「風評被害」食PR

来夏の収穫に向け桃の木を枝切りする羽根田幸将さん(右)と父の建伸さん=福島県桑折町で2017年10月13日、村上正撮影

 夏の収穫を終えた桃の木々は秋には来年に向けた準備に入る。桃の収穫量が全国2位の福島県でも有数の産地である桑折(こおり)町で「はねだ桃園」を営む羽根田幸将さん(28)と父建伸さん(64)は剪定(せんてい)に励んでいた。2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は11年の東日本大震災の被災地の食材を積極的に活用する。羽根田さんは、これを機に東京電力福島第1原発事故の風評被害から脱却することを願っている。

 組織委は五輪・パラリンピックで選手村や会場などで約1500万食の提供を見込んでおり、日本の食文化を…

この記事は有料記事です。

残り853文字(全文1106文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 在日3世 苦難の歴史、一人芝居の公演120回
  2. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷
  3. 万引き犯 メルカリ内で捜索 書店、執念の「御用」
  4. 交通事故 2人はねられ死亡 兵庫・姫路の交差点
  5. 朝鮮学校無償化 名古屋駅前で訴える 損賠請求裁判の判決を前に /愛知

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]