メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪

世代交代のうねり 卓球で張本、銅の水谷破る

父の張本宇さん(左)と得意のバックハンドの技術に磨きをかける張本。「1000日間なんてあっという間じゃないかな」と大舞台を見つめる=2017年10月22日、田原和宏撮影

 2020年東京五輪開幕まで28日で、あと1000日となった。東京五輪に向けて「世代交代」が起こりつつある。卓球界では今年6月、当時13歳の張本智和(14)=エリートアカデミー=が世界選手権でリオデジャネイロ五輪銅メダルの水谷隼(木下グループ)を破り、鮮烈な印象を残した。開幕まで1000日を迎えて、張本は「水谷さんに勝てたことが一番の自信になった。誰が相手でも勝ちたいと思えるようになった」とその後の快進撃を振り返る。

 世界選手権では史上最年少で8強入り。準々決勝ではリオ五輪団体金メダルの許※(中国)から1ゲームを奪…

この記事は有料記事です。

残り651文字(全文911文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  5. シェアハウス 就労も手助け 母子世帯が共同生活

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです