メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Moment’17秋

東京五輪まで1000日/5止 幻の代表に花道を

部屋に飾られたモスクワ五輪代表の認定証を見つめる三科典由さん=甲府市内の自宅で、小林悠太撮影

 2020年東京五輪で、日本スポーツ界の負の歴史の払拭(ふっしょく)を願う動きが静かに広がっている。1980年モスクワ五輪は米国や日本の西側諸国が旧ソ連のアフガニスタン侵攻に抗議してボイコットを決断した。涙ながらに政府の判断に従わざるを得なかった当時の日本代表選手からモスクワ五輪から40年の節目となる東京五輪の開会式や聖火リレーなどに参加できないかと声が上がってきている。

 「当時の選手の82%はボイコットすべきでなかったと思っている」「必ず『幻の代表』と呼ばれる。堂々と…

この記事は有料記事です。

残り841文字(全文1078文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口メンバー 「世の中騒がせた」涙で謝罪 無期限謹慎
  2. 千葉市教委 「日焼け止め使用許可を」全中学に通知へ
  3. ORICON NEWS 国分太一、山口達也の“アルコール治療”明かす「断絶したい気持ちもあったと思う」
  4. 大川小津波訴訟 2審の仙台高裁も石巻市と県に賠償命令
  5. 山口メンバー 無期限謹慎処分に 所属事務所が決定

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]