メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌へ共に歩む

冬季競技を支える人々/3 スピードスケート データ解析、戦術ヒント

スピードスケートの科学解析を担う紅楳さん=岩壁峻撮影

 スピードスケートの国内トップ選手は大会や記録会を撮影した動画だけでなく、レース中の滑走の軌跡や速度変化を確認できる資料を受け取れる。データをまとめるのは日本スケート連盟のスピード科学スタッフ。責任者の紅楳(こうばい)英信さん(37)は「わずかなところで選手に貢献できれば」と控えめだが、2大会ぶりの五輪のメダル獲得に向けて欠かせない存在になっている。

 スタートからフィニッシュまでの滑走の軌跡は、強化拠点施設のエムウェーブ(長野市)の天井に設置された…

この記事は有料記事です。

残り764文字(全文990文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  4. 東京都立高入試、過去最低の平均応募倍率 進む二極化
  5. はやぶさ2 「まさか」科学的に意外だったリュウグウの姿

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです