メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌へ共に歩む

冬季競技を支える人々/4 スキーHP 経験で得た「感覚」伝授

小野塚(左)とカメラで撮影したジャンプの映像を確認する津田コーチ

 9月末、埼玉県内のウオータージャンプ場。2014年ソチ五輪のフリースタイルスキー女子ハーフパイプで銅メダルを獲得した小野塚彩那(石打丸山ク)が、後ろ向きで踏み切るジャンプの動きを繰り返し確認していた。水に飛び込むと、その姿をジャンプ台の上から見つめていた男性が滑り降り「今のは良かった」と声をかけた。ナショナルチームの津田健太朗コーチ(33)だ。スキーハーフパイプが正式種目となったソチ五輪に、男子で唯一の代表として小野塚とともに出場。五輪後に現役を引退し、ナショナルチームのコーチに就任した。チームの活動がない時は、小野塚の個人コーチとして飛び回っている。

 平昌五輪で金メダルの最有力候補と目される小野塚への技術指導は、至ってシンプルだ。技をじっくり見つめ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 城に県庁鎮座は「ひんしゅく」 福井県で議論へ
  2. 韓国との協議打ち切り 防衛省が最終見解 レーダー照射音公開
  3. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  4. 愛媛県庁前で男性倒れる 手に拳銃か
  5. 33歳ユーチューバー 大麻所持容疑で逮捕 ミニチュア料理動画で人気

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです