メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

バイアスロン 厳しい環境に負けず 少ない射撃場、実戦難しく

強化合宿では視覚障害、立位の選手らがともに射撃の腕を磨いた=谷口拓未撮影

 バイアスロンの日本チームは、来年3月の平昌パラリンピックで日本勢として2大会連続のメダルを狙う。スキーの距離と射撃を組み合わせた「動」と「静」が一体の競技だが、日本国内での練習は銃刀法の影響を受けるため、海外勢に比べ強化で不利とされる。北海道で集中的な合宿を行うほか、今年から五輪出場経験のある新たな指導者も招き、メダル奪取への取り組みを加速させている。【谷口拓未】

 冷たい雨を受けながら、選手たちは山林の中の道を何度も駆け抜け、射座に就いた。乱れる呼吸を鎮め、1発…

この記事は有料記事です。

残り1260文字(全文1494文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. ネパール 登山家の栗城さん、エベレストで遭難か
  3. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  4. アメフット 日大の悪質タックル 警視庁が捜査へ
  5. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]