メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

バイアスロン 何も考えず的に集中 長野、トリノ大会で金・井口深雪さん

トリノ・パラリンピックのバイアスロン女子12.5キロで金メダルを獲得した井口深雪さん(左)=佐々木順一撮影

 パラリンピック長野大会(98年)、トリノ大会(06年)のバイアスロン女子視覚障害で金メダルを獲得し、07年に現役を引退した井口(旧姓・小林)深雪さん(43)が、平昌大会への思いや経験を語った。

 --平昌大会のバイアスロンの注目点は。

 井口さん 日本勢がウクライナなどの強豪国と、どこまで渡り合えるかに注目したい。緊張感などを追い風にできるかがポイントになると思う。

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文516文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
  2. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  3. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  4. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
  5. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]