メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

パラスポーツからの贈りもの この男、見逃せない=越智貴雄

防具のように筋肉で厚く覆われている上原の上半身。舌を出す仕草はプレー中もよく行っている=写真家・越智貴雄さん撮影

 昨夏、バリアフリー視察のために石川県を訪れた時だった。用意されたバスに乗ろうとすると、車いすの男性が車外から窓枠によじ登る仕草を見せ、「こっちの方が乗るのが早いでしょ?」とおどけた。車内は笑い声に包まれた。一瞬でその場の空気を明るく変えた男はパラアイスホッケー(アイススレッジホッケー)の2010年バンクーバー・パラリンピック銀メダリスト、上原大祐(35)だ。

 バンクーバー・パラリンピックの準決勝。日本は優勝候補の地元カナダ相手に上原の決勝点で勝利した。地元…

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文623文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あしなが育英会 奨学金利用の母子家庭 6割が就労不安定
  2. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  3. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです