メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊五輪

Promises・2020への約束 団体競技・主将心得 水球・鈴木琴莉/新体操・杉本早裕吏

新体操日本代表の杉本(右)と水球女子日本代表の鈴木。初対面だったが、主将同士すぐに打ち解けた=太田康男撮影

 <東京五輪まであと976日・パラリンピックまであと1008日>

自分らしくけん引

 2020年東京五輪・パラリンピックに向けて競技の枠を超えて思いを語り合う「Promises 2020への約束」は今回、日本代表を率いる主将が顔を合わせた。今年の新体操の世界選手権の団体総合で42年ぶりの表彰台となる銅メダルに輝いた「フェアリー(妖精)ジャパンPOLA」の杉本早裕吏(さゆり)=日体大、21歳=と、ユニバーシアードで男女を通じて初のメダルとなる銅メダルを獲得した水球日本代表「ポセイドンジャパン」女子の鈴木琴莉(ことり)=秀明大、20歳。ともに主将として心掛けるのは「自分らしく」。自然体だからこそ仲間の信頼を勝ち得ている。【構成・田原和宏、村上正】

この記事は有料記事です。

残り2819文字(全文3142文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです