メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊五輪

「五輪を語ろう」 平昌 IOC来月判断 露の参加可否、混乱呼ぶ=アラウンド・ザ・リングス編集長 エド・フーラ

 <AROUND THE RINGS>

 国際オリンピック委員会(IOC)とロシアは再び衝突不可避な道をたどろうとしている。IOCは来月5日の理事会で、来年の平昌五輪へのロシア選手団の参加の可否について判断する。

 その衝突はロシアに対する疑念を深め、現実の姿を突き付けるだろう。ロシアの組織的なドーピングが明るみに出た2014年以降、スキャンダルは広がるばかりだ。昨夏のリオデジャネイロ五輪でIOCはロシアの処分を検討することでクリーンな立場を守りつつ、ロシア選手の参加の可否については各国際競技団体(IF)の判断に任せた。28の五輪競技で陸上と重量挙げがIFとして全てのロシア選手の出場を禁じた。さらに国際パラリンピック委員会(IPC)は大会からロシア選手を締め出し、IOCとは異なる立場を示した。

 平昌五輪に向け、ロシアは世界反ドーピング機関(WADA)が指摘する国ぐるみの関与などについては否定…

この記事は有料記事です。

残り774文字(全文1173文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです