メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

球技専用に改修 新国立「五輪後」に苦心 採算確保、民間頼み

東京五輪に向けて建設が進む新国立競技場=東京都新宿区で、本社ヘリから手塚耕一郎撮影

 2020年東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場(東京都新宿区)が大会後はサッカーやラグビーなどの「球技専用」に改修されることになった。19年11月末の完成に向けて工事は着実に進む。だが、大会後は年間24億円とされる運営費の採算の見通しは立っておらず、民間事業者のアイデアに頼るしかないのが実情だ。利用を巡っても競技団体の思惑は異なる。レガシー(遺産)と受け継がれるはずの「聖地」だが、まだ具体像は見えてこない。【田原和宏、小林悠太、松本晃】

 政府は先月14日の関係閣僚会議(議長=鈴木俊一五輪担当相)で、大会後の利用に関する基本方針を了承し…

この記事は有料記事です。

残り1962文字(全文2240文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三越伊勢丹 再編を加速 札幌の1館閉鎖検討
  2. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  3. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  4. 大リーグ エンゼルス大谷がア・リーグ新人王
  5. 東京地裁 不審なはがきに注意呼びかけ 実在しない名で

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです