メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

決意の冬

平昌五輪に懸ける/1 衰え知らず、上位狙う スキー距離・石田正子(37)=JR北海道

37歳となった今季も世界のトップ層に迫る滑りを見せ、4度目の五輪に向けて意欲を燃やす石田=宮間俊樹撮影

 フィンランドのルカで11月下旬にあったノルディックスキーのワールドカップ(W杯)。距離女子10キロクラシカルで16位に入った石田は「体は動いていた」とうなずいた。12月初旬、ノルウェー・リレハンメルでの距離複合15キロは14位。ともに10位まで10秒以内と、37歳の今もトップ10を狙える位置にいる。

 より良い競技環境を求め、2011年からフランス、15年からノルウェーに渡った。W杯や五輪は最長の種…

この記事は有料記事です。

残り625文字(全文826文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ・アジア大会 「代表の自覚なかった」 バスケ4選手、買春謝罪 裁定委設置、処分へ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです