メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

決意の冬

平昌五輪に懸ける/1 衰え知らず、上位狙う スキー距離・石田正子(37)=JR北海道

37歳となった今季も世界のトップ層に迫る滑りを見せ、4度目の五輪に向けて意欲を燃やす石田=宮間俊樹撮影

 フィンランドのルカで11月下旬にあったノルディックスキーのワールドカップ(W杯)。距離女子10キロクラシカルで16位に入った石田は「体は動いていた」とうなずいた。12月初旬、ノルウェー・リレハンメルでの距離複合15キロは14位。ともに10位まで10秒以内と、37歳の今もトップ10を狙える位置にいる。

 より良い競技環境を求め、2011年からフランス、15年からノルウェーに渡った。W杯や五輪は最長の種…

この記事は有料記事です。

残り625文字(全文826文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
  2. 森友交渉記録 「安倍晋三小」14年認識 近畿財務局
  3. 講演会 元海軍兵 「国は若者を守らない」 反戦訴える
  4. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  5. 森友交渉記録 理財局が廃棄指示 佐川氏ら処分へ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]