メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

新競技・スノーボード 新たな一歩、成果着実 メダル期待の選手続々

全国障がい者スノーボード選手権で義足を見せながら滑る小栗大地=長野県小谷村で今年2月、谷口拓未撮影

 来年3月の平昌パラリンピックで新競技として障害者スノーボードが実施される。2014年のソチ大会ではアルペンスキーの一種目としてスノーボードクロスが採用されたが日本勢の出場はなく、今回が新たな一歩となる。十分なノウハウがない中で性急な選手の育成・強化を余儀なくされているが、有望選手も順調に育ち、メダル獲得も期待できる。【谷口拓未】

 走りながら、考える。平昌大会に対応すべく立ち上がって間もない日本障害者スキー連盟スノーボード委員会…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松本人志さん「お得意のからだを使って」発言 批判に開き直る? 局の姿勢に疑問の声
  2. 日比谷線・中目黒駅で人身事故 2万人に影響
  3. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  4. 初の錠剤は服用1回タイプ インフル新薬に高い注目
  5. 元婚約者「解決していない」 小室さん「金銭トラブル解決済み」に反論

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです