メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

新競技・スノーボード 新たな一歩、成果着実 メダル期待の選手続々

全国障がい者スノーボード選手権で義足を見せながら滑る小栗大地=長野県小谷村で今年2月、谷口拓未撮影

 来年3月の平昌パラリンピックで新競技として障害者スノーボードが実施される。2014年のソチ大会ではアルペンスキーの一種目としてスノーボードクロスが採用されたが日本勢の出場はなく、今回が新たな一歩となる。十分なノウハウがない中で性急な選手の育成・強化を余儀なくされているが、有望選手も順調に育ち、メダル獲得も期待できる。【谷口拓未】

 走りながら、考える。平昌大会に対応すべく立ち上がって間もない日本障害者スキー連盟スノーボード委員会…

この記事は有料記事です。

残り1469文字(全文1685文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米「ソウルの女王」 アレサさん危篤 グラミー賞18回
  2. 日本文学研究者 キャンベルさん、同性愛公表し議員批判
  3. 戦争を知らないけれど /1(その1) 42歳、玉砕を漫画に 生還兵「あなたは戦ったのか」
  4. 山口2歳児不明 ドローンも使い捜索も手がかりなく
  5. 不明 帰省中の2歳児、曽祖父宅近くで 山口・周防大島

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです