メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

新競技・スノーボード 新たな一歩、成果着実 メダル期待の選手続々

全国障がい者スノーボード選手権で義足を見せながら滑る小栗大地=長野県小谷村で今年2月、谷口拓未撮影

 来年3月の平昌パラリンピックで新競技として障害者スノーボードが実施される。2014年のソチ大会ではアルペンスキーの一種目としてスノーボードクロスが採用されたが日本勢の出場はなく、今回が新たな一歩となる。十分なノウハウがない中で性急な選手の育成・強化を余儀なくされているが、有望選手も順調に育ち、メダル獲得も期待できる。【谷口拓未】

 走りながら、考える。平昌大会に対応すべく立ち上がって間もない日本障害者スキー連盟スノーボード委員会…

この記事は有料記事です。

残り1469文字(全文1685文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  2. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
  3. 狛江市 市長が辞意を正式表明 セクハラ、被害者に謝罪へ
  4. 火災 住宅全焼、1人死亡 不明の10歳長男か 埼玉
  5. マクドナルド福増町店 道路の真ん中に!? 味なことやる バイパス遊休地を活用 /北陸

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]