メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

決意の冬

平昌五輪に懸ける/2 誇り捨て、さらに進化 ノルディック複合・加藤大平(33)=サッポロノルディックク

ノルディック複合で3度目の五輪出場を目指す加藤=宮間俊樹撮影

 ノルディックスキー複合で3度目の五輪を狙う加藤は数カ月前から、フィンランドのルカで11月下旬に行われるワールドカップ(W杯)開幕戦に照準を合わせていた。大会前日、遠くを見つめてつぶやいた。「何回もやめる機会はあったんですけどね」--。度重なるけがが脳裏をかすめた。

 集大成と位置付けた2014年のソチ五輪は、個人ラージヒルの前半飛躍で着地直後に転倒し、左肘脱臼骨折などの大けがで棄権。団体戦の出場もかなわなかった。「悔しいとも、悲しいとも違う。何やってんだという気持ち」にさいなまれた。4年はあまりにも長いと感じ「次は平昌」とは明言できない。ただ「ソチのあのジャンプじゃ…

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文717文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  2. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
  3. 食中毒 修学旅行生ら入院 長崎市の料理店からノロ検出
  4. 競馬 日本ダービー、5番人気・ワグネリアンが優勝
  5. 水路転落訴訟 金沢で市など相手に相次ぐ 「景観」か「安全重視」か /石川

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]