メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊五輪

長官と語る・2020への決意 スポーツ庁・鈴木大地 リオ五輪男子50キロ競歩銅メダル 荒井広宙(29)

対談の途中で鈴木大地長官(左)に競歩のフォームを教える荒井広宙=西本勝撮影

日々を重ね優勝狙う リオデジャネイロ五輪男子50キロ競歩銅メダル 荒井広宙(29)

 スポーツ庁の鈴木大地長官が東京五輪に向けてアスリートと語り合う「長官と語る 2020への決意」の4回目は、2016年リオデジャネイロ五輪の陸上の男子50キロ競歩で銅メダルを獲得した荒井広宙(29)=自衛隊=を迎えた。17年世界選手権ロンドン大会で銀メダルを手にして、3年後の金メダルを目指すウオーカーが、競歩の認知度が低かった頃の苦労や、日本競歩界が世界レベルに成長してきた要因などを長官と語り合った。【構成・小林悠太】

この記事は有料記事です。

残り2366文字(全文2618文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米「ソウルの女王」 アレサさん危篤 グラミー賞18回
  2. 日本文学研究者 キャンベルさん、同性愛公表し議員批判
  3. 戦争を知らないけれど /1(その1) 42歳、玉砕を漫画に 生還兵「あなたは戦ったのか」
  4. 山口2歳児不明 ドローンも使い捜索も手がかりなく
  5. 不明 帰省中の2歳児、曽祖父宅近くで 山口・周防大島

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです