メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪:白井健三×村上茉愛対談 「レジェンドを超える」体操エース、自覚胸に

新年を祝う直筆のメッセージを手に笑顔を見せる村上(左)と白井

東京五輪

白井健三×村上茉愛対談 「レジェンドを超える」体操エース、自覚胸に

 2020年東京五輪に向けて、「伝説(レジェンド)超え」を願う体操の男女エースが対談した。昨年の世界選手権で金メダルを二つを含む計3個のメダルを獲得した白井健三(日体大)、日本女子で63年ぶりの金メダリストになった村上茉愛(同)の2人は、12年ロンドン、16年リオデジャネイロ両五輪の個人総合で連覇を果たした内村航平(リンガーハット)を理想とする。1996年生まれの2人は今年、大学4年生となり、ともに日体大の主将にも就任した。エースとしての自覚でさらなる高みを目指す。【構成・田原和宏、写真・佐々木順一】

この記事は有料記事です。

残り3754文字(全文4007文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン