メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018新春対談:桐生祥秀「目標は東京五輪ファイナリスト」 鈴木長官「日本一速い男は社会を変える男に」

スタートのポーズをとる桐生祥秀選手(右)と鈴木大地・スポーツ庁長官=東京都渋谷区で中村藍撮影

2018新春対談

桐生祥秀「目標は東京五輪ファイナリスト」 鈴木長官「日本一速い男は社会を変える男に」

 2018年が幕を開けた。日本スポーツ界は昨年9月、陸上男子100メートルで桐生祥秀(22)=東洋大=が日本勢初の「9秒台」となる9秒98をマークし、歴史的瞬間を迎えた。スポーツ庁の鈴木大地長官との対談で、桐生は「20年東京五輪のファイナリスト(決勝進出者)」を目標に掲げた。(対談は17年12月19日に実施)【構成・新井隆一、小林悠太、写真・中村藍】

この記事は有料記事です。

残り6181文字(全文6357文字)