メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪

目指すサーファー須田那月さん 失意の日々克服

得意技の「カービング」を繰り出す須田さん=鹿児島県南種子町で2017年12月、林壮一郎撮影

 大小さまざまな波が打ち寄せる鹿児島県種子島・南種子町の竹崎海岸。2017年12月、プロサーファーの須田那月さん(22)は、大きくうねった波を見逃さず、素早く技を決めた。「自分のプレーで競技の魅力を伝えることができれば」。サーフィンの日本代表「波乗りジャパン」を目指し、練習を続ける。

 静岡県西伊豆町で生まれ、1歳の時、父の仕事のため一家で種子島に移住した。サーフィンは小学校5年の冬、6歳下の弟と一緒に始めた。同級生たちとも練習を続け、上達するに従って「波に乗って浴びる風がとても気持ちよくて」、のめり込んでいった。15歳でアマチュアの全日本大会で優勝した後、プロに転向した。当時としては国内最年少のプロサーファーだった。

 プロとしての生活は甘くない。国内大会で優勝しても賞金は20万円ほど。国内外で年間約20試合を戦うが…

この記事は有料記事です。

残り652文字(全文1014文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 毎日世論調査 アメフット、日大説明「納得できる」1% 
  2. 自民・萩生田氏 「男が育児、子供に迷惑」 持論を展開
  3. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  4. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]