メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツクライミング

壁に挑む 天才肌の弟と努力型の姉

軽快に壁を登っていく田嶋瑞貴さん=津市で、山本萌撮影

 東京五輪で初めて実施される新競技「スポーツクライミング」で成長目覚ましい姉弟がいる。津市の高田高2年、田嶋瑞貴(みずき)さん(17)と、姉で東京在住の慶大1年、あいかさん(19)。五輪は登る高さを競う「リード」、登る課題の数を争う「ボルダリング」、登る速さで勝負する「スピード」の3種目の複合で行われるため出場は狭き門となるが、瑞貴さんはボルダリング、あいかさんはリードで、ユースの国際大会の表彰台に立つなど飛躍が期待される。

 津市高茶屋小森町にあるボルダリングジム「KO-WALL三重」で、瑞貴さんは軽快に壁を登っていた。体…

この記事は有料記事です。

残り845文字(全文1109文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
  2. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  3. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  4. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
  5. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]