メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野球

侍ジャパン・稲葉篤紀監督、熱い気持ちで挑戦 3月にフル代表初招集 五輪へ、清宮らにも注目

記者の質問に答える野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督=東京都港区で2017年12月5日、藤井達也撮影

稲葉篤紀監督(45)

 2020年東京五輪での金メダル獲得の目標に向け、昨年就任した野球の日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督(45)が今年、本格的にチーム作りに着手する。3月には、年齢制限のないフル代表を初招集して臨むオーストラリア代表との強化試合2試合も予定されており、稲葉監督は「(18年は)いろいろなことに挑戦していく」と意気込んでいる。【構成・細谷拓海】

 --初陣となった昨年11月のアジアプロ野球チャンピオンシップは24歳以下の若手主体のチームで初優勝…

この記事は有料記事です。

残り814文字(全文1045文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. 乳がん さいたま出身の54歳北村さん、自らの体験出版 ありのままの大切さ思い 術前と術後の写真掲載 /埼玉
  4. 札幌で雪 冬に逆戻り 24日まで気温低く
  5. 女性用アダルトグッズ、百貨店で好評 展開仕掛ける女性広報の思い

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです