メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2015年のラグビー・ワールドカップで日本代表チームに提供した天気情報=ウェザーニューズ提供

 民間気象会社「ウェザーニューズ」(千葉市)が、屋外スポーツのゲームプランづくりに生かしてもらおうと、試合会場のピンポイントの気象データを選手やスタッフに提供している。2月に始まる韓国・平昌(ピョンチャン)冬季五輪・パラリンピックでも効果を発揮するか。

 ●W杯ラグビーで

 同社「スポーツ気象チーム」リーダーの浅田佳津雄さん(42)は東京都内にある私立大学のラグビー部出身で、今も母校で指導を続ける。浅田さんは、ラグビー日本代表のエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチ(当時)がゲームプランを決めるうえで、スタッフが早起きして予報をリポートするほど気象を気にしていることを耳にした。ラグビー部の人脈をたどって代表チームに接触し、「代わりにやります」と申し出た。

 ラグビーは、風の向きや強さがキックの飛距離を左右し、グラウンドがぬれていればボールが滑りやすくなる…

この記事は有料記事です。

残り1186文字(全文1563文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. パンダ 赤ちゃん誕生、体重少なく保育器に 和歌山
  2. 買春容疑 津市課長を逮捕 制服姿でホテルで発覚
  3. 訃報 ウスペンスキー氏80歳 「チェブラーシカ」原作者
  4. 不明 2歳児無事発見 ボランティア、山中で保護 山口
  5. のん 「この世界の片隅に」新作は「ちょっと大人っぽいすずさん」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです