メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私たちの金メダル物語

北陸発東京行き/4 法隆寺「釈迦三尊像」再現 「和の心」世界に発信を

法隆寺の国宝「釈迦三尊像」の再現像について説明する東京芸術大学の伊東順二特任教授=東京都台東区の同大で、鶴見泰寿撮影

 東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場(東京都)に、奈良・法隆寺の国宝「釈迦(しゃか)三尊像」の再現像を--。3Dプリンターで原型を制作し、富山の高岡銅器と井波彫刻の職人が伝統技術を駆使して完成させた“クローン”。全体をプロデュースした東京芸術大の伊東順二特任教授(64)は「和の心が象徴されている。日本の平和の精神を世界に発信したい」と実現に意欲を燃やしている。

 国宝の釈迦三尊像は「和を以(もっ)て貴しと為す」から始まる「十七条憲法」を制定した聖徳太子のために…

この記事は有料記事です。

残り847文字(全文1086文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  3. レスリング 栄氏が至学館大を退職 
  4. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです