メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私たちの金メダル物語

北陸発東京行き/4 法隆寺「釈迦三尊像」再現 「和の心」世界に発信を

法隆寺の国宝「釈迦三尊像」の再現像について説明する東京芸術大学の伊東順二特任教授=東京都台東区の同大で、鶴見泰寿撮影

 東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場(東京都)に、奈良・法隆寺の国宝「釈迦(しゃか)三尊像」の再現像を--。3Dプリンターで原型を制作し、富山の高岡銅器と井波彫刻の職人が伝統技術を駆使して完成させた“クローン”。全体をプロデュースした東京芸術大の伊東順二特任教授(64)は「和の心が象徴されている。日本の平和の精神を世界に発信したい」と実現に意欲を燃やしている。

 国宝の釈迦三尊像は「和を以(もっ)て貴しと為す」から始まる「十七条憲法」を制定した聖徳太子のために…

この記事は有料記事です。

残り847文字(全文1086文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 特集ワイド 「昭和の夜」また一つ 伝説のキャバレー「ハリウッド」、58年の歴史に幕

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです