メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私たちの金メダル物語

北陸発東京行き/5 チェアスキー用具開発 オリ・パラ垣根越えて

チェアスキーの開発に挑む学生たち。試乗して乗り心地も確かめている=石川県野々市市扇が丘の金沢工業大で、久木田照子撮影

 金沢工業大(野々市市)の学生たちが、椅子付きのスキーで滑る「チェアスキー」の用具開発に取り組んでいる。パラリンピックの正式種目だが、競技人口は少なく、既製の用具は主に選手向け。学生たちは「立って滑るスキーとは違う面白さがある」と、乗り心地や操作性に工夫を凝らす。2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、「自分たちが作った用具で、二つの大会の垣根を越える競技にしたい」と意気込んでいる。

 同大が分野を超えた研究を進めようと設けた「クラスター研究室」のプロジェクト第一弾。鈴木亮一教授(ロ…

この記事は有料記事です。

残り815文字(全文1060文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 仙台市博物館 政宗の愛刀公開 ゲーム「刀剣乱舞」効果? 反響「普段の数十倍」 /宮城
  3. 武田・厚労省課長 韓国で逮捕 「韓国人嫌い」空港職員に暴行か
  4. 大分知事選 現職と新人の2氏が届け出
  5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです